ブログ

次へ>>

今年3回目のユニフォームフェスタは雪若丸![ブログ]

投稿日時:2018/05/15(火) 12:19

5月13日、大宮アルディージャをNDソフトスタジアム山形に迎えてのJ2リーグ戦が開催され、それに合わせて今年3回目となるユニフォームフェスタが実施されました。
実はこの試合から、モンテディオ山形の選手たちが着用するユニフォームの裾の部分に、新しいスポンサーの「雪若丸」がつけられることになり、今回のユニフォームフェスタもこの雪若丸ロゴ取付限定で行われました。
新しいスポンサーロゴと言うことで皆さんの関心も高く、開始予定時間前よりたくさんの方にお並び頂いたため、時間を早めてスタートします。


「雪若丸」ロゴ取付を希望される方が、次々とブースにお越し頂きます!


特設ブースの一角には圧着機を設置。


たくさん並べられたユニフォームに次々と「雪若丸」を取り付けます。とは言え、みなさんの大事なユニフォームですから、取付の時には丁寧かつ繊細に作業をしました。そして試合開始前1時間以上前に予定数を終了。次回以降にお渡しとなってしまった方もたくさんいらっしゃいました。


因みにこの「雪若丸」ですが、山形県が新たに開発し今年から本格生産・販売が開始となるお米です。これまでもモンテディオ山形のユニフォームには同じく山形のお米の「つや姫」のロゴが取付られていましたが、新たに「雪若丸」もモンテディオ山形をサポートすることになりました。どちらも味には定評のあるお米ですので、ぜひ機会があったらお試し下さい!


 

早くも2回目のユニフォームフェスタ開催[ブログ]

投稿日時:2018/04/30(月) 22:00

4月28日、ゴールデンウィークも始まり、好天に恵まれる中、栃木SCをモンテディオ山形のホーム・NDスタに迎え、2018J2リーグ第11節が開催されました。ゴールデンウィークに合わせ、ファミリーで楽しめるイベントも組まれ、8000人を超えるサポーターがスタジアムに訪れていました。



そんな中、3月31日のレノファ山口FC戦に続いて、この試合でもユニフォームフェスタを開催しました。もちろん、弊社・株式会TERAMARKは全面協力をさせて頂きました。


ユニフォームフェスタのメインは、クイックマーキング。ご覧のようにスタジアム前の広場に張ったテントが特設会場となります。ナンバー等の圧着には高熱が必要なため、夏場の開催の時には脱水に注意し、ピッチで戦う選手並みにこまめな給水が必要となりますが、この日は大変過ごしやすい天候で作業も捗ります。


因みに今シーズンの人気ナンバーは汰木康也選手の25番。横浜F・マリノスユースから加入し今年で5年目。そのイケメン振りもありますが、何よりもボールを持ってドリブルを始めるだけでスタジアムを沸かせる巧みなテクニックでチャンスをガンガン作るところが人気の秘密ではないでしょうか?すっかりチームの顔の一人となり、ぜひこれからも期待に応える大活躍をして欲しいところです。





 

今年はじめてのユニフォームフェスタ[ブログ]

投稿日時:2018/04/01(日) 23:44

先日お知らせ( 3/31(土)開催!2018モンテディオ山形ユニフォームフェスタ )をしたとおり、3月31日に開催された2018明治安田生命J2リーグ第7節 モンテディオ山形vs.レノファ山口FC戦が行われたNDソフトスタジアム山形で、ユニフォームフェスタを開催しました。ユニフォームフェスタのメインイベントは、弊社が担当する、その場でナンバー&ネームを取り付けるクイックマーキングですが、 選手サイン入りグッズ等 が当たる大抽選会も開催されるとあってイベント開始前からたくさんの方が特設ブースにいらっしゃいました。


またユニフォームフェスタのクイックマーキング以外にも、 この日発売となったマスコットのディーオの刺繍ワッペンの無料圧着サービスも行ないましたので、たくさんのユニフォームをお預かりすることに。


と言うことで、イベント開始からひたすら圧着作業となりました。もっともこの日は気候もよく、さらに風がなかったので、作業環境としてはまずまずというところ。実は風が吹くとナンバーのシートがずれやすくなり、かなり作業に気を使うことを求められるのです。


そしてこちらがディーオの刺繍ワッペン。ワッペンの可愛らしさも相まって、なかなか人気でした。

2018シーズンの戦いが始まりました![ブログ]

投稿日時:2018/03/21(水) 22:20

2018年3月17日 モンテディオ山形はJ2リーグ戦4試合目にして、ホーム開幕戦となりました。開幕に相応しい春らしい陽気の中、この日を待ちわびた7000人を超えるサポーターの皆さんが、モンテディオ山形の本拠・NDソフトスタジアム山形に駆けつけました。


そしてこちらがサポーターの皆さんがお待ちかねの2018モデル・モンテディオ山形ユニフォーム(1st)。伝統の青白縦縞の復活は、サポーターの皆さんにも大好評です。


どんなスポーツでもそうですが、開幕戦といえばそれはめでたいお正月。と言うことで今年もお花を出させて頂きました。


キックオフの時間が近づくと、ユニフォームブースのある中央広場はたくさんの人が集まってきます。もちろんユニフォームブースにもたくさんの方がお立ち寄り頂き、てんてこ舞い。でもホーム開幕戦ということと新しいユニフォームを手に出来ると言うことで皆さんニコニコ笑顔で、販売するこちらも嬉しい忙しさでした。


試合は一度は逆転に成功するものの試合終了間際に追いつかれてしまい2-2の引き分けに。残念な結果となりましたが、シーズンはまだ始まったばかり。J1昇格に向けて皆さん力を合わせて精一杯応援しましょう!

それから、3月31日に開催されるレノファ山口FC戦では、ユニフォームフェスタ開催します。詳しくは、モンテディオ山形オフィシャルホーページで紹介されますのでもうしばらくお待ち頂ければと思いますが、昨年までと同様、皆さんに楽しんで頂けるイベントにしたいと思いますので、ぜひ当日はNDスタにお越し下さい。
こども達に人気のディーオも待ってますよ!

 

今年2度めのユニフォームフェスタ実施!暑さになんか負けませんよ[ブログ]

投稿日時:2017/07/03(月) 12:33

2017年7月1日、J2リーグ モンテディオ山形vs.FC町田ゼルビア戦が行われたNDソフトスタジアム山形にて、今年2度目の2017モンテディオ山形ユニフォームフェスタ(外部リンク・モンテディオ山形オフィシャルサイト)が開催され、もちろん当社でも全力でお手伝いをしてきました。

2017070202.jpg

ユニフォームフェスタでは、当日購入または持ち込みになった今シーズンのモンテディオ山形のユニフォームにその場でナンバーやネームなどのオフィシャルマーキングをするというもの。さらに選手サイン入り トレーニングゲームユニフォーム(非売品) など豪華景品が当たる抽選会にも参加出来るとあって、たくさんの方に来場頂きました。

2017070201.jpg

梅雨時ではありましたら、当日の天気は晴。とは言え湿度は高く、マーキングの圧着に高温の圧着機を使用することを考えると、実はかなり厳しい条件です。もちろん写真のようにしっかりとしたテントの中での作業となりますが、やはり堪える暑さです。

2017070203.jpg

しかもマーキング自体はかなり細やかな作業です。見た目には圧着機でバン!と押し付けるだけに見えますが、シワ無く、曲がり無く綺麗に取り付けるためにはミリ単位のセッティングが重要になります。通常でも気を遣う作業の上、暑さが集中力を削るために、さらに注意が必要です。

2017070204.jpg

こうして出来上がったユニフォーム。大変な作業ですが、お渡しした瞬間のみなさんの笑顔でその大変さも報われます。

さてこの試合は残念ながらモンテディオ山形は負けてしまいましたが、長いシーズンはまだ半分終わったばかり。8月11日には今年も山形県民応援デーも開催されます。当日先着15.000人にプレゼントされる「サポーターズユニフォーム」には、当社TERAMARKも協力をさせて頂きます。J1昇格を目指して後半戦も熱く応援しましょう!

2017070205.png




 
次へ>>